1980年宮崎県生まれ。京都市在住。滋賀大学教育学部卒業後、タイで日本語教師として1年間勤務。帰国後小学校教員として6年間勤務。2010年より写真家として活動開始。広告や雑誌を中心に活動しながら、「働く人」や「生と死」をテーマに作品制作を行い国内外で高く評価される。写真集に「Brick Yard」「Tannery」(以上、私家版)、「THE ABSENCE OF TWO」(青幻舎・Editions Xavier Barral)などがある。2021年、写真家としての10年間の活動を綴った書籍「しゃにむに写真家」(亜紀書房)が刊行。日経ナショナルジオグラフィック写真賞2015・ピープル部門最優秀賞など受賞多数。

EMON PHOTO AWARD 2016  特別賞

京都グラフィー国際写真フェスティバルPLUS
Best 4 Exhibition

2014
コニカミノルタフォトプレミオ入賞

2013
京都写真ビエンナーレ2013審査員賞
(京都現代美術館・何必館  梶川由紀選考)
上野彦馬賞 日本写真芸術学会奨励賞

2012
上野彦馬賞 日本写真芸術学会奨励賞

Back to Top